読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あほー鳥

旅や外出ネタを中心に、気になることを。

南Y島

「リタイアしたらこんなところで暮らしてみたいな」と思う場所が世界中にたくさんあって(思うだけならタダだし)、そのなかのひとつが南Y島。

どうしてこんな変な文字なのかは知りませんが、英語だと Lamma Island と呼びます。

香港の離れ小島のひとつです。

f:id:happy160362:20150924155154j:image

ハワイやグアム、はたまた沖縄みたいなトロピカルな雰囲気はありません。

どちらかといえば、日本の夏の海沿いの田舎や、瀬戸内海あたりの島をイメージしたほうがしっくりくると思います。

香港からのフェリーが着く港の町(というか村)は、リゾートというより、夏の間だけ賑わう伊豆あたりの小さな集落という感じ。

f:id:happy160362:20150924230607j:image

写真には写っていませんが、右側の山の向こうには火力発電所の煙突が見えていて、パラダイス感はあまりないです。

ここから30分くらい歩いた反対側の海は、もう少しキレイなビーチで、海水浴場として整備されています。シーズンが始まったばかりの土曜日は、まだそれほどの人出はありませんでした。

f:id:happy160362:20150924231117j:image

香港島からの高速船で30分足らずのこの島は、中環あたりで働く外国人のビジネスマンも多く住んでいるらしく、西欧人の居住者比率がかなり高いそうです。

香港の中心に船で通勤とは、なかなかオシャレ。

そういう人の奥様なのか、ハイキングコースの途中にテーブルを出して、観光客相手に手作りのクッキーを売っている人もいます。

f:id:happy160362:20150924232716j:image

港近くの食堂で、昼間からビールをちびちび飲むユルさがよく似合うのです。

f:id:happy160362:20150925092951j:image

向こうにいる白人のオッサンは、ビール瓶を保冷カバーに包んで、ゆっくりゆっくり飲んでおります。レイドバック感、たまらんです。

実は香港島のすぐ隣に位置する島なのですが、裏側に回り込むため、香港のビル群はまったく見えません。香港の近くとは思えない長閑さ。

ハワイでリタイアとかが王道でしょうけど、こんなひなびた田舎に引っ込んで、でも必要とあらば世界有数の大都会香港へもすぐ。香港からなら世界中のどこへでもひとっ飛びと、ビールの酔いも手伝って、妄想はどこまでも拡がるのでした。

(訪問時期  2015年4月)